真珠の種類と見分け方

貝がつくる宝石、それが真珠です。
ダイアモンドが宝石のキングなら、真珠にはクイーンの座が与えられており、
世界最古の宝石として知られています。
数ある宝石の中でも、冠婚葬祭のいずれのときも
身につけることができるのは真珠だけ。
お祝いの席では華やかに、憂いの席では一粒の涙のように、
その時々に応じてしっとりと調和します。
フォーマルな装いにはもちろん、
カジュアルにいたるまで幅広く使える真珠。
神秘的で気品ある美しさは装おう人を優しく包みます。

真珠
「内面的な魅力を引き出し、美しくかがやかせる」「健康、清らか、富」「愛を成就させる」「向上意欲、精神力が高まる」真珠にはこのような意味がこめられています。

真珠の種類

自然の神秘が生んだ真珠、実は様々な種類があるのです。

真珠の種類
真珠の種類

良い真珠とは?

素敵なパールと出会うためのチェックポイント

輝き

真珠の中心部に出来る、目玉のような部分の輝きの強さのこと。
この部分がはっきりとして顔が映るようなものが良いもの。
巻きの厚いものほど、輝きがきれいに表現されます。

キズ

真珠は養殖であっても、核を母貝に入れたあとは自然にまかせるため、ほとんどが何らかのキズを持っています。
キズの位置、大きさ、種類、量などによって総合的に判断されます。

大きさ

アコヤ真珠(和珠)の大きさでは、直径10mm程度が最大級となり、それ以上の真珠はきわめて稀です。

俗に「八方ころがし」と呼ばれる真円に近いものが良いとされています。

巻き

真珠の核を取り巻くカルシウム結晶でできた真珠層の厚さをいいます。
この厚さによって美しさと耐久性が決まります。
ただし厚ければ良いとは限らず、真珠層の重なり状態の緻密さも重要な要素となります。

真珠の色は多種多様です。
肌の色とのコーディネートが一番で、日本女性にはピンクとシルバー系のカラーが好まれています。

越しもの

真珠は3月~5月に核を入れ、12月~1月に取りだします。
冬を一回通ったものを当年もの、2回通ったものを越しものと呼びます。
ロイヤルパールと呼ばれるものは2回通ったもので、真珠層が厚く光沢が良いばかりでなく、耐久性も優れいています。

当年ものが多くなっているのはナゼ?

貝が以前より弱くなった(人口採苗のため)ので、長く入れると貝が死んでしまうからです。
また、貝の管理技術が進んで成長が早くなったため、長く入れなくても巻きが充分な真珠が多くなっています。
日本では特に真円に人気があり、長く入れると球形率が低くなって価格が下がるので早く出すようになったことも理由の一つです。

華珠

真珠の中でも最高級のものを「華珠」と称します。
規格はとても厳格で1000個に3個の割合、0.3%の稀少品です。
輝き、形、エクボやシミ等すべての基準を究極のレベルでクリアしている真珠をいいます。

ページの先頭へ

JEWELRY OZAKI BLOGJEWELRY OZAKI BLOG

NEWS

2013.1.4-1.7
「初夢まつり」開催します。


ページの先頭へ

ホーム

ブライダルジュエリー

ダイヤモンドジュエリー
パールジュエリー

カメオ
ジュエリー

リフォーム
リフォーム
リフォーム
リフォーム

ジュエリーオザキ 和歌山県岩出市
ジュエリーオザキ店舗 和歌山県岩出市
ジュエリーオザキ店内 和歌山県岩出市
ジュエリーオザキ店舗地図 和歌山県岩出市

ジュエリーオザキ

〒649-6226
和歌山県岩出市宮83
ホテルいとう店
Tel. 0736-63-1111
定休日. 水曜日
URL:http://www.j-ozaki.com/
E-mail:jewelry@j-ozaki.com